月々2,000円で入院・死亡保障をしっかりカバーする生命共済 大切な人の未来を守るため今できる事をはじめよう

大切な人の未来を守るため今できる事をはじめよう 月々2,000円で入院・死亡保障をしっかりカバーする生命共済

加入件数2120万件突破

※すべての共済事業の加入件数
(令和2年6月末日現在)
  • 手頃な掛金!

  • 充実保障

  • 支払いが早い

手頃な掛金!/手厚い保障額/支払いが早い

ネットで
完結
ネットで
完結

このような疑問や将来への不安を
感じていませんか?

  • 疑問や不安 疑問や不安
  • 将来どんなリスクがあるか漠然と不安
  • そもそも保障制度がよくわからない
  • 収入が少ないので
    掛金が不安
  • 掛金をできるだけ
    少なくしたい
  • 自分や家族にあったものを選びたい
  • 結婚したばかりなので万が一のための保障を選びたい
  • 子供が生まれたばかりなので万が一のための保障を選びたい
  • 急に夫が働けなくなったらどうしよう
  • 別の保険に加入しているが上乗せ保障がほしい

そんな方に生命共済の総合保障型を
おすすめします!

県民共済で人気NO.1 総合保障2型

入院も死亡もバランスよく備える
手頃な掛金で、日帰り入院から死亡保障までしっかりカバー
お申し込みは 満 18歳~満 64歳の健康な方 保障期間 18歳~65歳

月掛金2,000

死亡保障

残されたご家族を守る死亡保障

  • 交通事故
    1,000万円
  • 不慮の事故
    (交通事故をのぞく)
    800万円
  • 病気
    400万円

(18歳~60歳の保障額)

健康保険を考慮した入院保障

健康保険を考慮した入院保障

  • 事故
    5,000
  • 病気
    4,500

(18歳~65歳の保障額)

18歳〜60歳の保障内容
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 5,000円 18歳〜60歳の保障内容
病気 1日目から124日目まで 1日当たり 4,500円
通院 事故 14日以上90日まで 通院当初から1日当たり 1,500円
後遺障害 交通事故 1級 660万円 〜13級 26.4万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級 400万円 〜13級 16万円
死亡・重度障害 交通事故 1,000万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 800万円
病気 400万円

支払い事例

Case

総合保障2型にご加入の場合で
18歳~60歳までの事例です

Case
01
病気の入院

病気の入院

急性ウイルス性腸炎と診断され、3日間入院した。

  • 入院1日当たり
    4,500円
  • ×
  • 入院日数
    3日
  • =
  • 支払い共済金
    13,500円
Case
02
ケガの通院

ケガの通院

階段で足をふみはずし、左足を骨折。21日通院した。

  • 通院1日当たり
    1,500円
  • ×
  • 通院日数
    21日
  • =
  • 支払い共済金
    31,500円
Case
03
ケガの入院

ケガの入院

自動車に衝突され、右足を骨折し、45日間入院。
退院後、21日通院した。

  • 入院1日当たり
    5,000円
    通院1日当たり
    1,500円
  • ×
    +
    ×
  • 入院日数
    45日
    通院日数
    21日
  • =
  • 支払い共済金
    256,500円
Case
04
死亡

死亡

ご加入者が万一、事故や病気で亡くなられた場合に、
残されたご家族の当面の生活資金として共済金を
お支払いします。

  • 支払い共済金
    交通事故 1,000万円
    不慮の事故
    (交通事故をのぞく)
    800万円
    病気 400万円

※上記はお支払いの一例です。同様な事例の場合でも、加入コース、事故の状況、
 治療内容等によりお支払い金額が異なります。

月々2,000円で入院・死亡保障をしっかりカバーする生命共済 月々2,000円で入院・死亡保障をしっかりカバーする生命共済
手頃な掛金!・手厚い保障額・支払いが早い
電話でのご相談はこちらから
018-823-0131
ネットで
完結

都道府県民共済グループの特長

Feature

負担の少ない手頃な掛金
で暮らしの不安をカバー

ニーズに合った充実した保障を誰もが無理なく備えられるように、基本の月掛金は2,000円としました。これは、この事業が開始された昭和48年から変わっていません。

暮らしの不安をカバー
保障を改善

時代のニーズに合わせ、
掛金据え置きで保障を改善

掛金の値上げはせず、保障項目の追加や保障額の増額などを行い、保障の改善を続けています。改善された保障は、もちろん既にご加入の方にも適用されます。

割戻金で、実質的な
掛金負担を軽く

営利を目的とせず、確実な共済金のお支払いに務め、事業コストの削減に努めています。そして生み出した剰余金は「割戻金」としてご加入者にお戻ししています。

負担をさらに軽く

都道府県民共済が支持されている理由

Reason

お客様からの声をご紹介

毎月の掛金がお手頃

毎月の掛金がお手頃

  • 手頃な掛金で安心の保障制度。身近で県民の味方と思っています。
  • 見やすい、わかりやすい、手頃な掛金で安心できる県民共済。大好きです。
  • 手頃だが納得する保障が得られ、わかりやすい内容だ!

信頼できる

  • 各都道府県知事の認可を受けている「安心感」。
    手頃な掛金で保障内容が「充実」している。
  • みんなで助けあい、信頼できる庶民の味方です。
  • まさに質実剛健で堅実。もしものときの頼りになる存在です。
保障を改善
共済金の支払いが早い

共済金の支払いが早い

  • 先日主人が入院したとき、共済金の支払いが早かった。
  • とても親切で、事故や病気のときの支払いが迅速で手続きも簡単である。
  • 少ない掛金で必要な保障が手厚く、支払いが迅速だと身内の入院時に感じた。

調査対象:39都道府県(除外県:山梨県、福井県、鳥取県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県)にお住まいの20~60代男女

調査方法:インターネット調査(2018年10月実施)

都道府県民共済は、思いやりの心から生まれた
非営利団体
くらしの安心を、地域で支えあう仕組みです

01
非営利主義

非営利主義

組合員の利益を最優先して意思決定し実践することをいいます。効率経営と健全経営に徹し、その結果生じた利益については内部留保を必要最小限にとどめ、最大限、ご加入者へ割戻金として還元することにより実践しています。

02
最大奉仕

最大奉仕

組合が組合員のために設立されているという目的を忘れることなく、誠実に組合員の利益に奉仕することをいいます。よりよい保障をより安く提供し、また、サービスの最大化など常に組合員の利益が最大になるような基準によってものごとを判断し、実行しています。

03
人道主義

人道主義

助けあいの心から生まれた共済の精神を大切にして、博愛と人道的精神で業務の実践にあたり、人間的な姿勢で加入者に接しています。

わたしたちは、3つの事業哲学のもと、
創業以来、掛金据え置きのまま、絶えず保障内容の改善に努めてきました。

その結果、多くの方のご支持をいただき、安定した事業基盤を確保しながら
その事業成果をご加入者に還元してきました。

今後も助けあいと人道的精神をもって、
日々、改革と創意工夫を重ねてまいります。

全国の加入件数は2,154万件

事業にかかるコストをできるだけ抑え
ご加入者に還元する。
創業以来変わらないご加入者第一の姿勢が多くの
方々のご支持をいただいています。

※すべての共済事業の加入件数(令和2年6月末日現在)

こちらの保障も人気です

こども2型

こども2型

お子様をしっかりサポート
お申し込みは 0 歳〜満 17 歳の健康なお子さま

月掛金2,000

  • 事故・病気入院
    1日当たり
    10,000
  • ケガの通院
    1日当たり
    4,000

入院保障2型

入院保障2型

医療費負担を手厚くカバー
お申し込みは満 18 歳〜満 64 歳の健康な方

月掛金2,000

  • 事故・病気入院
    1日当たり
    10,000
  • 手術
    2.5万円・5万円
    10万円
    ※当組合の定める手術
  • 先進医療
    1万円〜150万円
    ※当組合の基準による

※18歳〜60歳までの保障額

都道府県民共済では
剰余金が生じたときは「割戻金」として
ご加入者にお戻ししています。

秋田県民共済「総合保障2型」割戻率実績(令和元年度)

  • 割戻率は、払込掛金の
    28.58%
  • 割戻金は
    6,859
    総合保障型 
    (月掛金2,000円)
    年間払込掛金
    24,000円の場合

※割戻率は、共済金のお支払い等による剰余金の増減で変動します。

※割戻金の中から一定割合を財務基盤の強化を図るため、総代会決議により、
出資金に振替ることをお願いしています(こども型は除く)。
ただし、毎事業年度の割戻率の状況等により振替を行わない場合があります。
なお、組合を脱退するときは、出資金返還手続きをおとりいただきます。

よくあるご質問

「共済」とは何ですか?
共済とは、一定の地域や職域にいる仲間たちが経済的に助けあうことです。
字義からいえば「ともに(共)すくう(済)」こと。狭い意味では、協同組合や労働組合などが行う
“保障事業”をいいます。
例えると、保険がタクシーなら共済はバスのようなものです。
バスはより多くの人たちが利用できるように、停留所から停留所まで、路線や下車地点があらかじめ
決められていますが、大勢の人が乗るので安くなります。
共済は低料金で乗りごこちのよいバスだといえるでしょう。
なぜ、掛金が安いのですか?
掛金負担を軽くできる理由は、低コスト経営で事業費の低減を図っているためです。

1.インターネット、新聞や折り込み広告などで制度の情報を地域にお届けし、
 自発的にお申し込みいただくシステムなので莫大な募集経費がかかりません。
2.営業店舗などを持たず、必要以上のコストはかけません。
3.掛金は口座振替ですから、集金の費用が大幅に節約されています。
「掛け捨て」は損だと聞きましたが、
本当ですか?
みなさん誤解されているようですが、掛け捨て部分のない保険や共済はありません。
たとえば満期金付き保険の場合、保障部分と満期金部分の二本立てですが、死亡保険金を受け取ると
満期金はなくなり、逆に満期金を受け取れば死亡保険金はもらえません。
つまり、どちらかは掛け捨てになる仕組みになっています。

金利予測が困難な状況下、貯蓄と保障を分けて考える人が増えています。
都道府県民共済は保障だけを行う制度です。
営利を目的とせず、剰余金はご加入者にお戻しするので、単なる掛け捨てではないのです。
割戻金とは何ですか?
「割戻金」とは、毎年3月の決算で剰余金が生じたとき、3月31日において加入されている方を対象に
お戻ししているものです。
前年4月保障分から当年3月保障分までの1年間に払い込まれた掛金に割戻率を乗じて算出し、
例年8月上旬に掛金振替指定口座にお戻ししています。
割戻金は、共済金のお支払い等が多ければ減り、少なければ増える仕組みになっています。

※割戻金の中から一定割合を財務基盤の強化を図るため、総代会決議により、出資金に振替ることを
 お願いしています(こども型は除く)。ただし、毎事業年度の割戻率の状況等により振替を行わない
 場合があります。
 なお、組合を脱退するときは、出資金返還手続きをおとりいただきます。
都道府県民共済とは、どのような団体ですか?
都道府県民共済は、消費生活協同組合法(生協法)に基づく非営利の生活協同組合です。
各都道府県の認可を受け、現在43都道府県で共済事業を営んでいます。

なお、東京都は「都民共済」、京都・大阪府は「府民共済」、北海道は「道民共済」、
神奈川県は「全国共済」、他は「県民共済」の名称で実施しています。
他の都道府県に引っ越したら保障は
どうなりますか?
43都道府県のネットワーク事業ですから、転居先の都道府県民共済に管理を移す手続き(移管手続き)をしていただくことにより、ご加入者の保障を引き継ぎます。

※他の都道府県へ転出される場合、当組合に事前にお問い合わせください。
ご不明な点などは当組合の地域普及職員がご訪問し、
くわしくご説明いたしますのでお気軽にお申し付けください。
月々2,000円で入院・死亡保障をしっかりカバーする生命共済 月々2,000円で入院・死亡保障をしっかりカバーする生命共済
手頃な掛金!・手厚い保障額・支払いが早い
電話でのご相談はこちらから
018-823-0131
ネットで
完結
カンタン申し込みはこちら